光触媒とは酸化チタンなどの光触媒半導体を表面にコーティングし、これに太陽光や蛍光灯等の紫外線を当てることで活性酸素を発生させ、その強力な分解力で防汚,抗菌,脱臭,有害ガス分解等の環境浄化をはかる技術です。
TiOSKYCOAT(ティオスカイコート)光触媒現場施工技術は、佐賀県が保有している特許を使用して、光触媒機能をもった仕上剤を建物や構造物にコーティングする画期的な技術です。
佐賀県特許の過酸化チタンは佐賀県窯業技術センターで開発され、加熱することなく常温乾燥で強力な接着力を持ち、完全に無機質なので、基材を傷めることがなく、光触媒を有機基材・無機基材を問わず密着させることを可能にしました。
新技術「光触媒」で建物や構造物・家族の健康をを守ります
抗菌 住宅室内の環境改善、病院等の院内感染の防止などの効果が期待できます
脱臭 住宅室内の環境改善、老人ホーム・病院等の消臭、ホテルの客室の消臭、公共トイレの消臭などの効果が期待できます
有害ガス分解 ホルムアルデヒドやTVOCガスなどの有害ガスを分解することによりシックハウス症候群の対策として効果が期待されています
防汚 汚れの原因となる有機化合物(油分)が分解され汚れなどの物質は雨などによって洗い流されます。これにより、定期的な洗浄の必要がなくなります
  ティオスカイコートは完全無害・無毒で、光触媒効果を最大限に発揮し、比較的安価にするために酸化チタンの中でも二酸化チタン(TiO2)もしくは過酸化チタン(TiO2+1)を使用しています。 二酸化チタンは、白色顔料としてごく一般的な身の回りの製品に含まれています。また、紫外線を吸着する事から化粧品にも使用されたり、食品添加物としても認可されています。
強力な分解力をもつ「光触媒」の技術は、建築・土木以外にも大気浄化や水処理、医療など、さまざまな分野で実用化が進められています。
光触媒は私たち未来の暮らしへの環境改善です
酸化チタンは触媒として働き、それ自体は変化しないため機能の低下はなく、基材の破損による剥離、人為的な剥離等がなければ、その効果は半永久的と言われており、地球環境に優しい環境浄化材料として脚光を浴びています。
TiOSKYCOAT(ティオスカイコート)に光(紫外線)があたると表面に活性酸素が発生します。活性酸素は強い酸化力があり、有機化合物や細菌などの有害物質、さらに悪臭の原因となるガスを分解・除去します。(下の表およびグラフを参照してください。)
 
下記写真は有料道路料金所のティオスカイコートをした部分としない部分の比較写真です。
 
 ←施行完了時
 ←施行14日経過
 ←施行35日経過
お問合せはお気軽に! 〒851-0116  長崎県長崎市東町1242-6 電話 095-839-3542
Copyright c 2005 sakaegumi co.ltd. All rights reserved
ティオシステムズ ティオスカイコートセンター